プロポーズ用の花束の保存方法

プロポーズの花

プロポーズの花束はどうやって保存するのが正解?枯らさずに長持ちさせる方法

プロポーズをする時に花束を渡すという選択肢をとる男性は非常に多いそうですが、ほとんどの男性は花を買う機会があまりないため花束を購入してからの保存方法が分からないという方も。

逆に、普段家に花を飾ることが習慣がない場合は受け取る側の女性も保存方法に困ってしまうケースもあります。

花束が早々に枯れてしまい渡す側も受け取る側も悲しい気持になってしまうという悲劇を避けるため、今回はプロポーズ用の花束の保存方法について詳しく解説していきます。

プロポーズで花束を渡すまで、花束を渡した後の保存方法の参考になれば嬉しいです。

プロポーズの花束の保存方法(購入してから渡すまで)

プロポーズの花束の保存方法(購入してから渡すまで)

花束はプロポーズの前日以前に買おうと予定している方がほとんどだと思います。

購入する時に事前にお店のスタッフさんに「いつ花束を渡す予定なのか」を伝えるだけでも可能な限り枯れないように対応してくれます。

しかし!それは最低限の対処なので、花束を手にした後もできるだけ美しさを保っておくために出来ることを順番に紹介していきます。

環境に気をつける

花は思っている以上に繊細なため、保管している環境によってはすぐに枯れてしまうため注意が必要です。

たとえば、直射日光があたったりエアコンの風が直接あたったりする場所に花を置くとすぐに枯れてしまうので注意が必要です。

特に暑い時期は花が枯れやすいのでより気を付けましょう。

可能な限り風通しの良いところで花束を保存するだけでも枯れにくくなるので、保存場所の環境は必ずチェックするようにしてください。

花束をできるだけ立てて保存

人によっては数十本の花束を用意するため、基本的に横に寝かせるような状態にして保存するケースが多いです。

いくら家に花瓶があったとしてもそれだけ多くの花束を挿すことはできないため、とりあえずは寝かせておくしか方法がありません。

しかし、花束を寝かせて保存するとラッピングはもちろん、花びらに水がついてしまい変色する可能性があります。

横に寝かせてしまうことで、事前に花屋さんで入れてくれた水も流れ落ちてしまい余計に花が枯れてしまいます。

花瓶ではなくてもいいので身近にあるようなダンボールやキレイなゴミ箱などに一時期手に花束を立てかけて、良い状態を保つようにしましょう。

花びらを濡らさない

プロポーズの花束は花びらに水が付着すると腐ったり傷んだりするので注意が必要です。

花に元気がなくなったら花びらに水やりをすればいい⌒☆と安易に考えてしまいますが、逆効果になることを知っておいてください。

ラッピングをほどいて根元を水につける

時間が経てば経つほど花は枯れてしまうので、プロポーズの花束を渡すまでに期間が開いているのであれば一度ラッピングをほどいてください

花びらに水やりはNGですが茎には水が必要です。
ラッピングをほどいたら茎の根元を少し切って水を与えるようにしましょう。

茎の根元は水に浸かりっぱなしのため腐りやすくなっているため、こまめに茎の根元を切ってあげることで花全体に水が吸収され長持ちします。

プロポーズの花束を受け取った後の保存方法

プロポーズの花束を受け取った後の保存方法

プロポーズの花束をもらった場合どうやって保存するといいのか、渡す側の男性から花束の保存方法を相手に教えてあげるといいです。

少しでもはやく花を花瓶に入れること

花束はきれいにラッピングされているので出来るだけ受け取った時の状態で置いておきたいところですが、受け取ったら少しでもはやくほどいてあげましょう

ラッピングしている=花束同士がきつくしばりつけられていて水も吸収できない状態です。

家に帰ったらラッピングをほどき、花瓶などに立てかけるようにしておくとベスト!花瓶がないのであれば他のもので一時的に代用でOKです。

プリザーブドフラワーにする

生け花と同じような状態で保存したい時は今流行のプリザーブドフラワーがおすすめです。

プリザーブドフラワーは特殊な液を使い水分を抜いた保存方法のことを指します。作るのには手間がかかりますが生け花に近い手触りと長期保存が出来るので、プロポーズの花束を長く保存したい方から人気が高い保存方法です。

押し花にする

受け取った花束は押し花にするという方法もあります。花を押して圧縮するため平面になってしまいますが、その分保管の場所を取らないというメリットがあります。

また、押し花であれば飾るだけではなくキーホルダーなどのアレンジも可能です。

誰でも少しの材料があれば簡単にできるため、手間をかけたくない保存方法を探している方は押し花もおすすめです。

ドライフラワーにする

プリザーブドフラワーと並んで人気の保存方法がドライフラワーです。ドライフラワーには「自然乾燥」と「立体乾燥」の2つの方法があります。

自然乾燥は花束を風通しの良いところで逆さまに吊るしておくだけで完成するのでお手軽です。

立体乾燥は密閉した容器に花を入れてシリカゲルを敷き詰める▶2週間ほどしっかり乾燥させると完成します。

自然乾燥も立体乾燥もたくさんの材料を必要としないため非常に楽と言うメリットがあります。

レジン加工する

雑貨屋などでガラスのなかに花が保存されているものを見たことがあるのではないでしょうか。それがレジン加工です。

生け花のままレジン加工をするとあっという間に枯れてしまいますが、ドライフラワーにした後でレジン加工にすると長い期間の保存が可能です。

プロポーズの花束の保存する以外の利用方法

プロポーズの花束の保存する以外の利用方法

たくさんの花束になるとさすがに全部を保存するのは難しくなってしまいます。

せっかくのプロポーズの花束、捨てるのはもったいなさすぎるので一部をプリザーブドフラワーなどで保存して残りを何らかの形で消費する方法がおすすめです。

バラの本数が多いのならバラ風呂にする(花束がバラの場合)

バラの花束の本数は1本~108本、999本など多岐にわたるため多ければ多いほど保存が難しくなってしまいます。

その時は普段なかなかできない贅沢な『バラ風呂』にしてみてはいかがでしょうか。

バラ風呂はかなりSNS映えしますし、殺菌効果・空気清浄・リラックス効果があると言われています。美容や健康はもちろん見た目もヨシ!の人気の消費方法です。

花瓶に飾って鑑賞用にする

プロポーズの花束を受け取ったのであれば花瓶に飾ってシンプルに鑑賞用にするのもよしです。

本数が多いのであれば各部屋に飾って気分転換をするのもあり!ちゃんと手入れをすれば1週間程度は頑張ってくれます。

プロポーズの花束はネット通販で事前に購入しておきましょう

プロポーズの花束の保存方法はとても気になりますが、その前に肝心な花束は準備できていますでしょうか。

プロポーズの花束は、ネット通販の利用がとても便利です。

メリアルームメンでしたら、最短で注文日から翌日に指定場所に届くため、保存方法に困ることが少なくなります。

プロポーズの花束の注文を忘れてしまった、他のお店ですぐに用意できないと言われてしまったのであれば、メリアルームメンがおすすめです。

>>メリアルームメンの公式サイトはこちら

プロポーズの花束の保存まとめ

プロポーズの花束はなかなか購入する機会がないため、あげる側ももらう側も保存方法に困ってしまうものです。

適切な方法で保存すれば何年も長持ちしてくれるため事前に知っておき、長くプロポーズの余韻を楽しんでくださいね。

-プロポーズの花